結婚祝いの作法とは|結婚祝いのマナーを押さえて素敵な贈り物を贈りましょう
ロゴ

贈り物にはマナーも大切

大事な贈り物にマナーを添えて

結婚祝いとは、これから幸せな結婚生活をおくる二人へと贈る大切な品物です。大事な家族・ご友人を祝福するためにも、マナーには最新の注意を払って置かなければなりません。正しいマナーを身につけて、素晴らしい贈り物を選びましょう。

気を付けるべきマナーランキング

no.1

贈る品物を厳選すべき

結婚祝いで気をつけるべきこと一位は、贈る品物を厳選することです。どのような品物を贈るか、ということは最も大切な点です。これから幸せな結婚生活をおくる二人のためのプレゼントなのですから、使いやすく必要となる食品や日用品などを贈ると特に喜ばれるでしょう。

no.2

贈る時期に気を付けるべき

結婚祝いで気を付けるべきこと二位は、品物を贈るタイミングです。結婚の報告や結婚式への招待を受けてから、実際に式を挙げるまでの間に贈るようにしましょう。結婚式直前は何かと忙しい物です。そのため、遅くとも一週間前までには到着するように気をつけましょう。

no.3

メッセージを添えること

気をつけるべきこと三位は、お祝いのメッセージを添えることです。結婚祝いの贈り物は、お祝いの気持ちを込めて贈るものです。ですからただ贈り物を届けるのではなくて、心のこもったメッセージカードを必ず同封することを心掛けましょう。

no.4

数にも注意すべき

気をつけるべきこと第四位は、贈り物の数です。お祝いの品物には、その数に気を使うことも大切なマナーとして知られています。具体的には、死を連想させる4や、苦しみと音が同じ9などの個数のものは避けておいたほうが無難でしょう。

no.5

熨斗の付け方に注意

最後に気をつけておくべきこと五位は、熨斗の付け方です。結婚祝いの贈り物には、熨斗を付けて贈ることが基本的なマナーです。「水引」と呼ばれる中央のひもは紅白十本の結び切りを用いることが基本です。また熨斗の下段には、贈り主の名前も書いておきましょう。

結婚祝いの作法とは

ウーマン

他にも気を付けておくべきことは

以上のランキングでは、結婚祝いを贈るときの代表的なマナーをまとめてきました。しかしながら、結婚祝いには他にも守るべきマナーがいくつか存在しています。それらを、しっかりと理解して失礼のない贈り物で喜んでもらいましょう。

直接手渡しすることが一番

結婚祝いを贈るときは、できれば郵送ではなく、なるべく直接お会いして贈ることも大切です。挙式からの一週間以上前であり、吉日であり、なおかつ贈る相手にとって都合の良い日を選び、直接お宅を訪問して渡しましょう。その時、贈り物はお盆に載せ、袱紗をかけておくと尚良いでしょう。

現金を送るときは現金書留で

結婚祝いを贈るときに、場合によっては品物ではなく、現金を贈るということもあるでしょう。そうした時にも、直接手渡しで贈ることが基本です。もし郵送で贈らなければならない時は、必ず現金書留郵便で郵送しましょう。また別れを意味する偶数は避け、奇数の金額を包むことも重要なマナーです。

広告募集中